山ライフ『いつもの生活にもっと ”山”を身近に感じる生活を...』

山ライフ『いつもの生活にもっと ”山”を身近に感じる生活を…』

今週の山♪ 塩見岳でライチョウ遭遇

今週は日本百名山の一つであり深田久弥からは『漆黒の鉄兜』と称された。南アルプスにある塩見岳(しおみだけ)です(‘ω’)ノ

鳥倉登山口から登り、途中日本で一番高い峠と言われる三伏峠(標高2580m)を越えて更に奥に進みます。
途中ご来光、ライチョウを見ながら無事山頂に立つことができました(^^♪

この日は午前中晴れ☀、午後から雨☔の予報の為、後半は景色が見えないくらいのガスガス状態でしたが、8月最後の登山に相応しい景色を堪能できました❕❕

 

因みに三伏峠までのルートは8月に開催されたTJARの舞台の一つで『よくこの峠まで自力で登ってきたな~ぁ😅』と改めて感じさせられます。(私の場合林道大半が車ですので・・・💦)

 

【撮影 PowerShot SX620HS】

 

【実際歩いたルート】  通常コースタイム:16時間00分

合計距離: 24836 m
最高点の標高: 3043 m
最低点の標高: 1662 m
累積標高(上り): 2728 m

今週の山♪ 湯村山~片山でトレーニング

今週は生憎のお天気です☹
こんな時は低山でトレーニングでもしようと思って今回は甲府アルプス❓に行ってきました(‘ω’)ノ

武田神社のすぐ近くにある湯村山から登り、途中白山(王子山)片山(武田の杜)とプチ縦走をして最後は武田神社に立ち寄る周回ルートです。

現在甲府市では、甲府×YAMAP「山のぼり・まち歩き」キャンペーンを開催しています。
山アプリでおなじみのYAMAPを使って決められた場所を巡ると先着1,200名にオリジナル手ぬぐいが頂けます♪

武田信玄の風林火山にちなんで、4か所+金峰山の5つのエリア内にある1つへ行きデジタルスタンプをゲットし、それを3つ集めると頂けると言った仕組みです。

小さなお子さんでも楽しめる企画ですので是非この機会にどうぞ(^^♪
※くりボーはトレーニングの為、縦走していますが実際は1つの山で大丈夫です👍

手ぬぐいのデザインはあえて公開しませんが・・・富士山と名峰金峰山がデザインされたおしゃれなモノです😀

 

【撮影 PowerShot SX620HS】

 

【実際歩いたルート】  通常コースタイム:4時間40分(推定)

合計距離: 14405 m
最高点の標高: 672 m
最低点の標高: 292 m
累積標高(上り): 827 m

トランスジャパンアルプスレース2022閉幕

TJAR(トランスジャパンアルプスレース)2022は、8月14日無事に閉幕しました。

途中、関門や装備品の紛失等により潔くリタイヤされた選手、後半の台風の影響もあり全員がゴール(30人中20名が完走)とはいきませんでしたが…
でもこれも日本最難関のレースであるTJARの難しさでもあり、良さでもあるんだと思います。

まずは30名の選手の皆様、8日間本当にお疲れ様でした❕また今回も沢山の感動をありがとうございました‼️

今回の優勝者である土井陵選手は4日17時間33分と、将悟さんの持つ4日23時間52分の記録より6時間以上早いタイムで大会新記録になりました。(将悟さんファンとしては少し複雑ですが☹)

でも序盤からペースを落とすことなく、まるで1日1アルプスが普通かのようなスピードで、あっと言う間に駆け抜けました(;^ω^)

一方レジェンド将悟さんは記録に拘ったレースと言うより、ファンサービスをしながらなんか楽しんでいる印象でしたね(^^♪
色々な方のツイッター等を読みましたが、ホント素敵な方で人間としてのデカさをいつも感る方です。

一番印象に残ったのは、fou9さんのTwitterより
https://twitter.com/four_9/status/1557269908479561728

こちらのコメントなんかカッコよ過ぎです❕
きっとファンの方もきっと増えたのではないでしょうか🤩

今回私は残念ながら仕事の関係で、直接現地応援に行くことができませんでしたが…
ネットを通じて暇さえあればチェックしてました(#^.^#)

特に今大会はFacebookInstagramのSNSを活用し盛んに情報を発信し、IBUKIを用いて選手の場所をリアルタイムで分かるようにしたのが、幅広い年代の方に受けた印象がありました♪

次回の2024年大会は土井選手が2大会連続参加している為、出場できないと思われます。
将悟さんは参加かな⁉
2018年覇者の垣内選手は1回の休みを経てきっと戻ってくると思います♪

今から2年後が楽しみですね☺

祝 TJAR2022開催記念でTJFR⁉

先々週望月将悟さんから教わったトレランで刺激を受けてしまったのか…トランスジャパンアルプスレース(TJAR)2022が開催される日の同時刻にあるイベントを実施したいと考えました❕

 ・将悟さんは日本海(富山湾)から太平洋側(駿河湾の大浜)を
 私は太平洋側(駿河湾)から富士山山頂までのルート3776(通称ゼロ富士)を… を目指します❕

題して『トランスジャパン富士山ラン(TJFR)』とはいっても歩きですが・・・

 ・本家TJARは距離約420km、累積標高約27,000m、リミット8日間
 ・くりボー版TJFRは距離50km、累積標高4,000m、リミット2日(サラーリマンの為、土日限定)

なんか比較するのが失礼なくらいではありますが、走るのが嫌いな私にとってある意味限界へのチャレンジなんですね~ぇ❕

開催場所が違えども、将悟さんをはじめ30名の選手の方々と少しでも同じ時間を共有したいと思い、勝手に開催しています。
 

ただ、終わってから”痛恨のミス”に気が付いてしました…
な、なんとTJARの開催日は2022年8月7日0時スタート。私は前日の8月6日0時にスタート💦

開会式が前日(6日)の21時からの為、勝手に6日スタートに置き換わって勘違いしていたんでしょうね(◎_◎;)

 

と、言うことでTJFRは今回前夜祭と言うことで開催してます♪
本家のTJARは自宅でゆっくり見る事にしますねOrz
 

TJARの選手の皆様全員が無事に大浜海岸(太平洋)を見る事ができるのを祈ってます!

 

【撮影 iPhone SE3】

 

【実際歩いたルート】  通常コースタイム:22時間55分(推定)

合計距離: 49892 m
最高点の標高: 3774 m
最低点の標高: 3 m
累積標高(上り): 4562 m

 

【TJAR2022各選手のGPSトラッキング】  IBUKIのサイトより

今週の山♪ 登山日和の花の白山(御前峰)

今週は日本百名山の一つで花の百名山でもある白山(御前峰)です(‘ω’)ノ

また白山は、富士山、立山と共に日本三大霊山として数えれ、パワースポットしても非常に人気があります♪

今回はメジャーなルート(別当出会)からでは無く、岐阜県側の白川村平瀬ルートから登りました。

このルート非常に整備されており、特に難所も無く山を堪能できる為、老若男女問わず多くの方で賑わっていました。
久しぶりに晴天に恵まれて最高の白山となりました(‘ω’)ノ

この時期は白山では特に数多くの花々が咲き乱れてます♪
ハクサンフウロ、ハクサンイチゲ、ハクサンシャクナゲ、ハクサンコザクラ、ハクサンチドリ、ゴゼンタチバナなど…よく見ると『ハクサン』と名前が付く植物も沢山あります。でも特に固有種と言う訳ではありません。

白山では古くから植物研究の歴史があった為、名づける際に名前が利用されたと言われています。

【撮影 PowerShot SX620HS】

 

【実際歩いたルート】  通常コースタイム:10時間15分

合計距離: 15417 m
最高点の標高: 2699 m
最低点の標高: 1240 m
累積標高(上り): 1693 m